産業用ロボットシステムの試験(FS事業)、設計、製造、オペレーター教育|株式会社ロボットテクニカルセンター » 安全特別教育出張コース

産業用ロボット|安全特別出張コース
株式会社ロボットテクニカルセンター> >ロボットスクール> >安全特別教育出張コース

産業用ロボット安全特別教育出張コース

産業用ロボットの導入予定または既に導入済みの事業者の皆様へ!

 事業者は産業用ロボットの教示等や検査等の作業に労働者を就かせるときは、その全員に労働安全衛生法第59条第3項に基づき、特別教育を行うことが義務付けられております。

当センターでは,労働安全衛生規則第36条第31号、第32号に基づいた安全教育を実施し、その受講者には特別教育修了証を発行しております。

当コースはお客様のご指定場所に出向き、特別教育を行うコースになっており、3日間行う「安全特別教育コース」と、2日間行う「安全特別教示コース」の2種類があります。
なお、当コースをお申し込みの際には、貴社のご使用ロボットの形式を必ずお知らせください。

概要

開催日 都度開催。
こちらにご入力の上、お申し込みください。
会場 貴社ご指定場所にて
研修内容 ・産業用ロボットの基礎知識(構造・機能)について。
・産業用ロボットの操作方法および*1教示等の基礎についての実習。
・過去の産業用ロボット関連の災害事例と作業の危険性及び関連法令について。
・産業用ロボットの*2検査等の作業について。
(安全特別教育コースの方のみ) etc.
定員 5名以上でお申し込みください
受講料 安全特別教育コース37,800円/人  (消費税8%含む)
安全特別教示コース32,400円/人   (含む教材代) (税別)
オペレーターの出張費(実費)
*使用テキスト 「産業用ロボットの安全」(RTC作成)
修了証の発行 上記コースの修了者には、労働安全衛生規則に定められた「産業用ロボットの教示等 および検査等の業務に係る特別教育修了証」を修了日に発行いたします。
産業用ロボットの教示等 および検査等の業務に係る特別教育修了証

講習期間(カリキュラム)

安全特別教育コース(3日間学科13時間、実技6時間)

  講習内容講習時間
1日目学科 産業用ロボットに関する知識2時間
産業用ロボットの教示等の作業に関する知識4時間
関係法令1時間
2日目学科 産業用ロボットに関する知識2時間
産業用ロボットの教示等の作業に関する知識4時間
3日目実技 産業用ロボットの操作の方法1時間
産業用ロボットの検査等の作業に関する知識2時間
産業用ロボットの検査等の作業の方法3時間

安全特別教示コース(2日間学科13時間、実技6時間)

  講習内容講習時間
1日目学科 産業用ロボットに関する知識2時間
産業用ロボットの教示等の作業に関する知識4時間
関係法令1時間
2日目実技 産業用ロボットに関する知識1時間
産業用ロボットの検査等の作業に関する知識2時間
ティーチング実習2時間

※講習時間は目安であり、実習を通じて基礎知識の習得を行います。
※適宜休憩をはさみます。
※各日とも、講習開始15分前までにご指定の講習会場に集合してください。

ロボットスクール
お申込みはこちらから! >>

開催日スケジュール
はこちらから! >>

ページのトップへ戻る